2017年12月08日

「第3回ヤマザクラ一斉植樹会」について

ほくら〜ととや森の世話人倶楽部では、国土交通省六甲砂防事務所が推進する市街地に近い六甲山地の斜面を樹林帯として守り育て、防災機能の強化と自然豊かな生活環境を確保する「六甲山系グリーンベルト整備事業」の一環である「森の世話人」活動を行っています。

当倶楽部は保久良神社〜魚屋道エリアで「森の世話人」活動に参加し活動する市民団体・企業の集まりで、倶楽部として「岡本(ほくら〜ととや)桜回廊づくりプロジェクト」を進めており、一昨年から三か年計画で、当該活動地の登山道沿いに取り敢えず200本のヤマザクラを植樹し、育てていこうとしています。

2016年1月末には保久良神社〜魚屋道との合流点までに70本、2017年1月28日(土)には、第2回として上記魚屋道との合流点から神戸薬科大学に至る登山道沿いに50本植樹し、現在、その育樹活動も行っています。

今回は、オープンイベント「第3回ヤマザクラ一斉植樹会」として、森北町の魚屋道登山口から尾根コース経由で薬大尾根との分岐点辺りまでに80本を植樹する予定です。

詳細については、六甲山大学のホームページにも掲載いただいていますので、下記URLからご覧ください。
http://653daigaku.com/faculty/8632/

神戸薬科大学正門前での集合写真.jpg
第2回植樹会 集合写真



posted by 森の世話人 at 10:00 | Comment(0) | 事務局連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする